FX取引に最適なスマホアプリ・FX

最近は多くのFX業者からスマホアプリが提供されていますが、それぞれが独自の機能を備えており、優劣の付けづらい面があります。
数あるアプリの中で、多くのユーザーから高い評価を得ているアプリがあり、それがGMOクリック証券の「FXネオ」です。
FXネオにはスマホアプリの全ての機能が備えられているといっても過言ではありません。

なお、FXネオの一部の機能は、GMOクリック証券の口座の所有に関係なく、誰でも無料で利用できます。当然、FXネオはiPhone、Androidのどちらでも利用できます。

FXネオのスペック

FXネオには以下の便利な機能が付帯されています。

1.スピード注文に対応

FX取引は時間との戦いとも言え、相場の一瞬における取引が利益獲得のポイントになります。従って、上昇や下降の瞬間を見逃さずに注文することが必須です。
そんなことに対応できるのが「スピード注文」です。
予め、通貨ペアごとにスリッページや取引数量、決済順序などを設定しておくと、その後は「今だ!」と思った時に、「売」または「買」をタップするだけで注文が終了します。

また、決済も同じように速やかにできます。
オレンジ色の「全決済」ボタンをタップするだけで、決済が完了します。決済のタイミングが遅れないため、時間のズレで利益が減ってしまうということが起きません。

2.複数のチャートを表示

FX取引では時間足の秒足や分足、また日足や月足など多くのデータを駆使してチャートを分析することが必要です。ただ、スマホは画面が小さいためか、従来のスマホアプリは画面に1つのチャートしか表示できませんでした。従って、見たいチャートが複数あると、画面を1回ずつ切り替えるという手間を強いられました。

ところが、FXネオは画面を4分割できるため、4種類のチャートを同時に表示できます。さらに、最大16個のチャートを保存することが可能です。もちろん、通貨ペアごとや、時間足ごとに表示することができます。

3.チャート画面から直接注文

従来のスマホアプリでは、注文する時はいったんチャート画面を閉じ、注文画面を表示しなければなりませんでした。
FXネオはそんな無駄な操作が無く、チャート画面上で直接注文したり、決済したりすることができます。また、複数の注文を一緒に出す複合注文も可能なため、指値注文と逆指値注文(損切り)を同時に行うことができます。

4.取引記録の作成

ユーザーの中には、今後の取引方法の参考にするため、日々の取引における収支記録をExcelで作成している人が少なくありません。
とても大切な作業ですが、手間のかかることは否めません。実は、FXネオではそんな面倒な作業を省ける機能が提供されています。
それが「FXトレード日記」です。その日の収支だけではなく、評価損益やスワップポイントが自動で記録されます。また、週間や月間などと指定するとその期間の収支が即時に表示されるため、手作業で収支記録を作る必要が無くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする